波瑠 ドラマ On キャストにジャンポケ斉藤慎二が・・・!

7月12日スタートのカンテレ・フジテレビ系毎週火曜夜10時ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』は、波留さんが民放で初の主演ドラマです。

そのドラマにキャストとして、お笑いのジャングルポケット斉藤慎二さんの名前が上がっていますが、これってどうゆうことでしょう?

このドラマは、内藤了さんの新しいタイプの警察小説でして、ホラー大賞読者賞受賞も受賞されている作品「ON」を題材にして作られています。

ですから、このドラマはコメディーでは無く、ちょっと怖い印象の作品ですよね!

ではなぜコメディアンの斉藤慎二さんを起用したんでしょう!

ちょっと気になりませんか?

ということで、調べてみました。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

波瑠さんが演じる藤堂比奈子という警視庁刑事部捜査第一課の新人刑事は、優秀な成績で警察学校を卒業したほどの頭脳を持ち、それは、事件の情報をイラストに描きとめれば決して忘れないという、驚異的な記憶力の持ち主です。

そんな藤堂比奈子は、一見真面目で明るく見える性格ですが、じつは、誰にも言えない心の闇を抱えていた。

それは、「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」というもので、警察官になった理由もそこにあった。

だから、比奈子はどんな猟奇的な殺人現場でも平然と捜査に取り込むことが出来るのですが、その探究心故に単独で殺人犯に接近することにもなる、危険な一面も持ち合わせている。

このドラマは、比奈子がなぜ彼女はここまで犯罪者に強い興味を持つようになってしまったのかが徐々に明らかになっていくという、ストーリー展開をみせます。

ジャングルポケット斉藤慎二さんの立ち位置

斉藤慎二さんは、敏腕鑑識官・三木健の役で出演されますが、敏腕鑑識官と言うと、ドラマ「相棒」の米沢守こと俳優の六角精児さんを思い浮かべます。

それほどまでに、敏腕鑑識官イコール米沢守という個性豊かで他を寄せ付けない、どちらかと言うと少々オタク的な所のあるイメージが出来上がっていますので、このドラマでもそんな雰囲気を醸しだしてくれるであろう人を起用したんでしょう。

では、それがなぜ斉藤慎二さんなのかということですよね、ただその前に一つ言いたいのは、ドラマなどのキャスティングはどのようにして決まるかということです。

それは、色々な要素が絡まって決まるンんですが、そのひとつに、予算の関係があります。

何事も、ココを無視しては始まりません。

有名な役者を揃えりゃある程度の視聴率が取れるのは解りますが、そんな有名人ばかりの起用では予算が足りません。

それに、ドラマの顔が見えません、たとえば「相棒」といえば水谷豊さんであり、六角精児さんなのです。

ですから、ドラマのキャスティングは、予算と相談しながらも、そのドラマに合った最高のキャストを探すのですが、これって結構真剣な作業なんです。

だからオーディションがあったりするのでして、決してお偉いさんからの圧力で決まってるわけではありません。

なにしろスタッフ全員の生活がかかってるわけでして、皆が局の社員では無いのです。

前置きが長くなりましたが、斉藤慎二さんはこのようにしてキャスティングされてまして、ただ単におふざけで選ばれてるわけではありません。

斉藤慎二さん自身、俳優の道に進みたくて文学座の研究生だったこともあるほどに、今回のドラマで見せる演技は、ガチで俳優の斉藤慎二さんを見せてくれるんじゃないかと、大いに期待しているところです。

ということで、今回はドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』に斉藤慎二さんがキャストされていることについて記事にしました。

波留さんの又、素晴らしい演技が見られますね!嬉しい限りです。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP